So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

高知市市境(樫山峠~高尻木山~蟹越) [山行記録]

樫山峠から高尻木山.jpg車を樫山登山口と蟹越に配置。

樫山登山口0825 樫山峠0851 高尻木山1250 蟹越へ下山1515

距離は約11キロ。歩行時間は7時間弱、山中では誰一人会わず。展望は終止まったくなし。

ルートは部分的にスズタケが深くイバラがすごいところもあり腕は傷だらけになったが、全体的にはヤブ度はさほどでもない。

境界杭はあるところはありますが、ないところはまったくなくあてにはできない。特に高尻木山(写真)以南はルートが判然とせずGPSがないとかなり手間取ると思われる。s-DSC05744.jpg

2017-01-09 [会活動]

無題.jpg

高知労山創立50周年記念写真展のお知らせです。2月8日(水)から13日(月)まで。10時から17時30分。NHK高知放送局ハートプラザギャラりー。無料。お気軽にどうぞ。

西又山 [山行記録]

④西.JPG

5:30南国市役所→安芸役所横休憩所トイレ6:05/6:10→別役公民館7:45/8:00
→8:05登山口→9:20東西の尾根に上がる→1つめの標識→10:35魚梁瀬分岐
→10:50/11:30西又山東屋山頂)→11:55/12:00魚梁瀬分岐→
12:40尾根分岐(980m)を西に進んでみる→12:55尾根分岐に戻る→13:45登山口
(下山後、土居からの登山口を探してみるが消滅)

徳島県側、四つ足トンネルから駒背トンネルを抜け、高サデ登山口から高ノ河山~西又山ルートもある。しかし、善通寺山の会の方からの情報で、崩落し、ザイルも必要な個所もあるとのことで、高サデルートの使用は難しいと判断。
・馬路村西川林道から登るルートもあったが、2016年11月現在、西川林道は崩壊し、車が通行不可となっているとのこと。登山道自体も、あまり人も入っていないと思われ、藪化の可能性あり。

【アプローチ】
・安芸市207号線を北上。安芸市内から別役公民館まで、同じような川沿いの道を、延々1時間半も車を走らせなければならない。もちろん休憩するような道の駅などはない。落石もあり、善通寺山の会の記録では、このアプローチで車がパンクしたとのこと。
安芸市から15分もしないうちに、(道路では)携帯電話は通じなくなる。緊急時は、集落で電波を拾うか、固定電話を借りる必要があるので要注意。

【ルート】
・登山口には標識はない。橋が見えるので、それを頼りに草むらの中に道をみつける。
・登山口から980mあたりまでは、現在の分県ガイドのルートとは違い、北方向に道がついている。登山口も正確な場所ではない。
・尾根に乗るまでのルートは、急登が続く。沢沿いは2か所ほど崩れかけている箇所もあり、注意。
・勾配が緩いところは、方向を見ながらルート修正要。

アプローチにストレスがかかり、登山者も少ない寂しい山域のため、簡単に「行こう!」と思えない山ですが、安芸市・馬路村合わせて225ヘクタールもあるといわれる広範囲の素晴らしい天然ブナ林・自然林(ブナ・ゴヨウツツジ・モミ・ツガ・ヒメシャラ・イチイの大木等)は、息を飲む美しさで一見の価値があります。マイナーな山域に、これだけ美しい林が広がっているとは、想像だにしませんでした。

三嶺(高知県側)シカ捕獲計画について

三嶺周辺高知県側の銃を使ったシカ捕獲の当面の日程です。入山が規制されますので、ご注意ください。


9月11日(日)白髪山から白髪避難小屋周辺
9月15日(木)白髪山・中東山方面
9月18日(日)三嶺・西熊山・天狗峠・綱付新道・白髪山・カヤハゲ・さおりが原一帯
9月25日(日)さおりが原・韮生越周辺
10月2日(日)フスベヨリ谷・カンカケ谷

詳細は四国森林管理局技術普及課 088 821 2121
       高知県鳥獣対策課 088 823 9039
       香美市産業振興課 0887 53 1062

これから9月、10月、11月にかけての三嶺の高知県側周辺は、今年度から林野庁が本格的に捕獲事業を実施するようになったこともあり、ほとんど毎日曜日に山域のどこかで捕獲をしているような状態ですので、三嶺方面に登山の際には、必ず事前に規制について確認するようにしてください。

四国ブロック沢登り交流集会 面河・鉄砲石川 [山行記録]

DSC01161.JPG
8月20、21日と面河・鉄砲石川周辺で、日本勤労者山岳連盟四国ブロック協議会が主催する四国沢登り交流会に参加しました。
DSC04871.JPG
参加は高知労山3、かめのこ2、あるぷHC1。
DSC04829.JPG
二の森南面に位置する鉄砲石川下部は花崗岩の明るく広い沢で、21日には爽快な滑の歩きを楽しみました。20日には徒渉の講習などを実施しました。
DSC04839.JPG

笹ヶ峰(山の日山行) [山行記録]

l_d6ab5bf09c0fe826130f7e5307832e4b3d88b6e7.jpg8月11日は「山の日」ということで、笹ヶ峰(1860m)へ12名が登りました。

6時集合、一の谷分岐あたりまでは、涼しくて問題ありませんでしたが、チチ山のトラーバスはかなり荒れており、皆苦戦しました。この辺りは風もなく、強い日差しで体がだるくなりとうとう熱中症(風)になりました。

休み休み、笹ヶ峰へ到着し(先頭より25分遅れ)横になって体を冷やし、なんとか元気を取り戻しました。山頂では谷口さんが持参してくれたセレモニーの旗に皆サインしていただきました。

予定よりかなり遅くなりましたが、皆揃って下山できたことはよかったです。皆様に
は大変お世話になりありがとうございました。(その日の山沿いのアメダス気温を見ると、本川33.0℃(550m)、梼原35.1℃、大栃36.1℃とかなり高くなっていました)(M)l_486726e8a5f4857f14b0f99e5b64bf9a4215fa8f.jpg

小檜曽山 [山行記録]

7月30日の例会は小桧曽山でした。初めてだったり、久しぶりだったりの小桧曽山に総勢10名で賑やかに登ってきました。

道中はアブにまとわりつかれたり、ガスで景色があまり見えなかったりということもありましたが、わいわい楽しく歩けました(^o^)v

所々、鹿の食害が見られたのが残念でしたが、原生林が広がる癒しの空間を気持ち良い汗をかきながら歩いてきました。(F・N)l_4bbef450bb9b3996abd8f7a9368bb9e4f025a45a.jpg

天狗塚 [山行記録]

7月17日は例会山行で天狗塚に行っていました♪総勢14名での登山でした。高知はいいお天気だったようですが、天狗塚では真っ白のガスと雨と風が…(>_<)牛の背へ行くのは止めて、ピストンで下山しました。景色には恵まれず残念でしたが、久しぶりに山に行けて個人的には満足(o^∀^o)ただ次回こそは美しく雄大な景色をみたいです!!(F・N)2016071711090000.jpg

県連沢登り・吉野川左岸境谷下部 [山行記録]

7月24日、高知県連の初級沢登りで、高知県と徳島県境に位置する吉野川左岸境谷株を8人で遡行しました(高知労山5、かめのこ3)。境谷は高知県大豊町と徳島県三好市(旧山城町)の間を流れる沢で、平凡なゴーロ歩きが大半で下山時間も短い、初心者向きの沢です。

入渓ポイントは国道32号線から。標高700メートルで沢を横切る林道を終了点としました。s-DSC04468.jpg
s-DSC04449.jpgs-DSC04446.jpgs-DSC04428.jpgs-DSC04427.jpg
参考タイム

7時30分南国市役所、8時45分旧山城町南日浦集落下の林道、9時20分入渓、14時30分林道、15時45分南日浦集落下の駐車地点、17時南国市役所









東赤石山 [山行記録]

5/14~15 東赤石山(8名参加)s-P5150357.jpg

【コースタイム】 

5/14(土) 南国市役所8:10→筏津登山口09:55/10:10→赤石山荘14:15/14:35→(周辺散策)→赤石山荘16:20(泊)

5/15(日) 赤石山荘7:00→八巻山7:30→東赤石山8:15→権現越手前の巻道への分岐9:05→赤石山荘10:00/10:25→筏津登山口13:00

高知労山5周年記念山行屋久島集中登山第2班のトレーニングも兼ねて、小屋泊まりの山行に行ってきました。お天気にも恵まれ、5/15は八巻山~東赤石山からの景色は最高でした。東赤石山山頂を過ぎた頃からガスが出始めましたので、泊山行のメリットを感じたことでした。

山頂付近はアケボノツツジが満開で、キバナノコマノツメやユキワリソウも愛らしく待っていてくれました。新緑の沢沿いの道にも癒されました。「アケボノツツジが群生する西赤石山もいいけれど、高山植物の種類が多く、山荘の主人との語らいも楽しめる東赤石の方がやっぱりいいよね。お花畑になる8月にまた来たいね。来年の海の日に開催予定の、赤石山荘(現管理人になって)30周年記念行事に参加したいね」と、東赤石山魅力再確認トークで盛り上がりました。

すっかり東赤石山のファンになってしまい、山荘管理人安森さん著、1035ページもの大作、『四国赤石山系物語』を購入しようと思います!
前の10件 | -