So-net無料ブログ作成
検索選択

西之川~土小屋~伊吹山~瓶が森~東ノ川 [山行記録]

7/4 西之川~ツナノ平~土小屋~伊吹山~シラサ避難小屋(泊)
7/5 シラサ避難小屋~瓶が森~台ヶ森~東之川~西之川

参加者9名

s-P7040077.jpg5年ほど前にも企画した(前回の前半は成就~夜明け峠~土小屋のコース)この瓶が森周回コース。
ところどころ緊張する箇所もあったけれど、基本的には整備されて迷うところもない、自然に恵まれた良いコースでした。

ツナノ平を通る道も沢が美しく、経験できてラッキーでした。雨の日の長時間歩行は蒸し暑く体力も消耗しがちでストレスですが、水に濡れて艶めき、ガスをまとう景色には毎度心が動かされます。また、雨が上がった朝の瓶が森氷見二千石原の姿は印象的でした。

今回はテント泊の予定でしたが、雨量も多く、6kgのテントが雨に濡れると、かなりの重量になるという懸念もあり、避難小屋泊に変更しました。でも、労山会員としては、雨のテント泊の練習は必要なんですよね。またの機会に、もう少し軽いテントで行いましょう!s-P7050088.jpg

例会山行 稲叢山~西門山 [山行記録]

いなむら.jpg6月14日(日)、集合場所の伊野大橋下に着いた頃は本降りの雨。しかし、労山気象予報士の予報と、今日のリーダーの、自称晴れ男を信じて出発。

8時過ぎに稲叢ダムに到着した頃には、予報通り雨は上がっていた。車一台をトンネル登山口に回送し、洞窟コースを経て稲叢山をめざす。途中、幾つかの滝は梅雨時で水量も多く、見応えがある。稲叢頂上で食事後、今日の目的であるオオヤマレンゲを求めて鉄塔方面へ向かうが、この辺りの花は既に終わっていた。

さらに花を求めて西門山に向かう。西門山への縦走路沿いに、今が見頃のオオヤマレンゲに出会う。
期待通りの清楚で気品に満ちた美しい花である。

今日の山行では大阪から来たツアー客、20人過ぎの団体にすれ違った。四国の山も素晴らしいでしょう?