So-net無料ブログ作成

安野尾川の事故について [山行記録]

8月23日8時50分頃、香美市物部町久保の安野尾川で沢登り中の当会男性会員が滝から転落する事故が発生し、14時50分頃に県消防防災ヘリでピックアップされて高知医療センターに搬送されました。重傷を負いましたが、幸い命に別状はなく治療にあたっております。

献身的に救助活動に当たってくださった香美市消防のみなさん、沢の事故現場まで入って診断や応急処置をしていただいた高知医療センターのドクター、沢という悪条件下で事故者を吊り上げてくださった消防防災航空隊をはじめ、多くの方々のお力で、命を救っていただきました。心から感謝申し上げます。

また地元物部町のみなさんには、ヘリコプターが長時間飛んだり、多くの緊急車両が行き来するなど、大変ご心配をおかけしました。この場を借りてお詫びいたします。

当会としましては、二度とこのような事故を起こさないため、事故原因を調査し、事故報告書を作成して、再発防止策を講じてまいります。

夏山合宿 常念岳・大天井岳・槍ケ岳 [山行記録]

8/12 高知発
8/13 一ノ沢→常念小屋テン場(泊)
8/14 雷と雨のため、常念岳登頂は中止。テン場→大天井岳→西岳テン場(泊)
8/15 西岳テン場→東鎌尾根→槍ヶ岳→ババ平テン場(泊)
8/16 ババ平テン場→上高地→松本→高知

8/14の大天井ヒュッテを過ぎるまでは雨が多く不安定でしたが、西岳手前あたりより回復し、メインの15日は大大大快晴!!(東鎌尾根を登るのに、天気が良くてほっとしました(^_^;))

会員さんが、ガイドとともに登ったという北鎌尾根ルートをあこがれの眼差しで観察しながら登りました。槍ヶ岳だけあって、ファッショナブルな山ガール山ボーイが多かったです。(なんて地味な高知労山(笑))

天狗原を越えると、猿の群れが沢沿いにゾロゾロと現れ始め、まるでサファリパークのようでした。意外なことに、四国の山ほどではないにしても、虫に悩まされました。

自炊の食事メニューは、ビーフン、ちらし寿司、マッシュポテトや干し大根サラダ。麻婆春雨丼は、なかなかイケるね、と大好評でした。帰りは列車が遅れてギリギリの乗り継ぎ時間となり、かなりヒヤヒヤしましたが、無事に予定通り帰高しました。1440331952547.jpg

境谷下部(吉野川左岸、高知・徳島県境) [山行記録]

DSC02708.jpg
8月9日、高知県勤労者山岳連盟の初級沢登り、吉野川左岸、高知・徳島県境を沢で分ける境谷の下部を3人で遡行しました。Lは高知労山・中田。

DSC02749.jpg
危険な側壁も大きな滝もない平凡な沢歩きになりますが、のんびり歩けて楽しい。初心者向けに非常に適しています。高知市内からの距離も近い。林道まで3時間40分ほどで終了。地形図は大歩危。

下山ルートが地形図と実際の道にズレがあり少しややこしいかもしれないが、うまくルートを取れば1時間強で下山可能。DSC02711.jpg