So-net無料ブログ作成

小式ヶ台 [山行記録]

2月21日(日)19人で吾北の小式ヶ台に登りました。「道の駅むささびの里」の近く標高150mぐらいから山頂949mを目指します。IMG_3154.JPG

昔の街道、今では氏神様への参道といった道でしょうか。今も民家が少しあり、3人の村人に会いました。IMG_3155.JPG

高度差は800mほどありますが意外と歩きやすかったです。途中、見晴らしのいい場所では稲ムラ山や程野の滝も見えます。IMG_3158.JPG

ピークは林で見透しが悪く荒れた所にあるのでイマイチですが、直下まではきれいに整備されており案内板もあって歩きやすいところです。登り2時間半、下り1時間ちょっとでした。

鴻ノ森(高知市) [山行記録]

会員交流ハイク2/11(木・祝) 参加者19名P2110289.JPG
福井サンシャイン~鴻ノ森~口細山の新しい住宅を抜ける~サンシャイン福井

高知労山では、年に1回、誰でも参加できる山を選び、会員交流ハイクを実施しています。昨年は潮見台付近の鉢伏山・小富士山でした。

今年はわざわざ行かない鴻ノ森で、お手軽ハイキング、というか、ウオーキングを楽しみました。以前はこの建国記念の日に、南嶺タイムトライアルを開催しておりましたが、毎度、天気は最高です。

高知市内を一望できる場所で、お楽しみのお鍋タイム。

会長がセッティングしてくれた机&チェアでお料理上手のOさんによる豚汁をすすりました。セロリのお漬物も美味でした。コーヒーもいただいて、のんびりリラックス。お気楽遠足も、これまた楽し。
投稿用.jpg

Tさんが職場で借りてきてくれた長縄跳びで、会心(!?)の余興。童心に帰り、必死になって跳びました。せっかくの展望なので、双眼鏡で高知市の街並みを眺めます。遠くを見ると、宗安寺の西、城が森でくつろぐ人が見えました。投稿用③.jpg

派手さはないけれど、近場でのんびり過ごすのもいいもんです。朝も遅けりゃ、帰りも早い。他にもいろいろ用事もできます。

しかし、里山がいいのは秋・冬のみ。もうすぐ、藪・蛇パラダイス。里山道楽&探究は期間限定。お早目に!

県連道迷い山行(鷹羽ケ森) [山行記録]

高知県勤労者山岳連盟名物の「道迷い山行訓練」が2月7日、いの町勝ケ瀬の鷹羽ケ森南尾根で実施され23人が参加しました。高知勤労者山岳会からは9人の参加でした。
DSCN1129.JPG

歩いている間は、まったく展望はなくて、ずうっと藪とコンパスと地形図ばかりを見てましたが、なかなか充実しておりました。
s-DSC03690.jpg

この訓練は、鷹羽ケ森の南尾根を776ピークから忠実に南下し、楠瀬地区の三瀬中学校跡まで下るもので、もちろんGPSは御法度。紙の地形図とコンパスを駆使して尾根をトレースします。

5班に分かれ、ルート判断をするトップは経験の少ない会員にやらせ、ルートを外しても、あえて指摘せず、しばらく迷わせて山中をうろうろさせることで、逆説的に読図=現在地の把握能力強化をめざすという実践的訓練です。
s-DSC03677.jpg

全班に記録用GPSと無線機を持たせ、トラックログはすべて記録して後の検証に役立て、通信訓練も兼ねました。各班とも結構、ひっかけにはまってくれており、仕掛けた側の人間としては嬉しかったです。

はじめの写真はE班の記録の一部。319ピークの手前(左上)で何度も苦労していることが記録されています。(中田)
new.jpg